Yoga and so on...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ひと呼吸

新茶の季節、念願のお茶摘みをし手もみで茶葉を乾燥させました。
炭火で念入りに、手もみして出来上がったお茶。

作業したみんなで分けると、一人辺り一握り。
とても美味しくて、香りが豊かなお茶でした。

ご先祖さまが植えてくれていなかったら、なかった茶畑と垣根。
その想いに答えて、焙炉を手作りで復活させた若者達と70代。

そんな物語もきいていたので、たまたま撮った写真の茶葉が
ハートの形で、みんなの想いが形になったようで嬉しい一枚。
続きを読む >>
 comments(0) trackbacks(0)
100年

100年前は、さら地だった場所に作られた森。
久しぶりにお会いした人生の先輩と、数日前に歩いていた場所の話題になりました。
人が計画して作られた森だったことを知り、お互い感動していました。
 
続きを読む >>
 comments(0) trackbacks(0)
つながり

連なる山と連なる鯉のぼり。少し前の風景です。
季節は巡り、冬から春へ。春から夏へ。夏から秋へ。秋から冬へ。
そしてまた、冬から春へ…

つながる季節。
つながる想い。

全ての物事は、全てつながってる。
自分で取捨選択しているようにみえる出来事も、選択していないようにみえる出来事も、
きっと全てつながって起きている。

それを一言で「自業自得のこと」だと割切ろうとすることもできるのかもしれないけど、
人の心は繊細で壊れやすいものだから、簡単に割切れないこともあるのかもしれません。

いつでも流れてつながっている時に身を任せながら
日々コツコツ向き合いながら一日一日を過ごしていると、
時の流れが教えて解決してくれることは、きっと沢山。
 comments(0) trackbacks(0)
形あるものと消えゆくもの

形のあるものと消えゆくもの、それぞれの魅力。
人の手で作られた精巧な建物や自然の造形美など、形あるもの魅力。
雪や食べ物や音楽など、記憶には残るけれど、消えゆくものの魅力。

白一色で光と陰の美しい雪のある季節に登った山の雪もすっかりなくなり、
茶色と緑と花の色に溢れてきて落葉樹や土から命が芽吹いてきたのをみて、
苦み一杯の山菜を口一杯ほおばり、感じたこと。
 
続きを読む >>
 comments(0) trackbacks(0)

「月と太陽でいうと、chieちゃんは月だよね」と最近いわれました。
たしかに。月を意識するととっても楽なので、そうかもしれません。
月の満ち欠けを意識して、生活するようになっていたところでした。
続きを読む >>
 comments(0) trackbacks(0)
Nepal

標高1500m位の場所から一瞬みえたマチャプチャレ。
(昨日のは3000m位からの写真)
iphone写真じゃ撮れない7000mクラスの山の迫力。
続きを読む >>
 comments(0) trackbacks(0)
Nepal

2015.04.25カトマンズを中心に震度7.9規模の地震。
訪れた場所はどうなってるんだろう…少しでも被害が少ないことを祈ります。

写真は、一瞬だけ姿をみせてくれたマチャプチャレ。
神様は、いるんだと感じたとても神々しい姿でした。

生活の一部に人の祈る姿があり、耐震構造されていなないであろう建物も、
昔からの街並も人の笑顔も、優しくて暖かい国でした。
沢山のご縁のできた、また行きたい国、Nepal。

地球や自然や神様は人間に対して、怒っているのだろうか。
人間は自然の前では、ちっぽけで無力なだけの存在ではない、と思っています。
世界のあちこちで天災がおきる度、そんなことを感じ試されている気がします。

どうか、平和な世界へと近づいていますように。
 comments(0) trackbacks(0)
| 1/111 | >>